顧客管理が面倒なら POSの設置を検討しよう

紳士

お店を開く

心斎橋には、様々な貸店舗があります。まず、しっかりとどういった店にしたいのかイメージを持つことです。そして、そのイメージにあうものを探すことです。心斎橋、貸店舗に強い不動産屋にしっかりと相談し、気になる店はしっかりと見て確認することです。

先進技術による店舗管理

レジ

小売業やサービス業などでよく使われている商品管理のシステムに、POSがあります。POSは、POSレジと呼ばれる高度な情報処理機能を持ったレジに販売データを記録することで、売上の集計を効率化したり、売上動向を緻密に分析したりすることができる管理システムです。通常は会計を行う際に、バーコードの読み取りや手入力等によって、品目や個数、販売額などを収録していきます。このPOSシステムですが、販売管理以外の分野にも応用が可能です。たとえば顧客管理です。POSレジのプログラムはカスタマイズが可能なので、顧客に関する情報も追加で収録することが可能なのです。POSを使った顧客管理法には、匿名性のものと非匿名性のものとの2種類があります。まず前者の場合は、会計時にレジで顧客の年齢層や性別といった属性を販売員が入力します。これによって、世代別や男女別といった属性ごとの売上動向が把握できるようになります。また、1人の顧客が複数の商品を購入した場合、どの商品とどの商品の組み合わせが最も多いかといったことも分かるようになります。また、レンタルショップやクリーニング店など会員制のサービスを行っている店舗にあっては、会員情報をそっくりPOSレジに収録して顧客管理に役立てることができます。過去の利用内容や月ごとの利用頻度、利用金額などを把握することで、顧客別のきめ細かな販促活動を行ったりすることができます。また、美容院やエステサロン等にあっては、この顧客管理システムで予約の管理を行うことも可能です。

マニュアル化しておく

レディ

日本には、67店舗も飲食店があると言われておりその中で生き残るには色々と工夫しないといけません。ですが、工夫することで経営方針がぶれてしまうことがあるのでマニュアルを作っておくことをおすすめします。そうすることで、ぶれた時に再度確認してお店を立て直せるようになります。

中国から商品を輸入する

女性

中国輸入代行は商品探し、代行業者経由で輸入、日本の通販サイトに登録、発送という流れで行います。日本人に需要のある商品探しは簡単ではありませんが、既に出品されている商品を見るなどの方法で見極めます。輸入にあたっては、代行業者に商品代金に手数料と送料を上乗せして支払うことになります。