顧客管理が面倒なら POSの設置を検討しよう

レディ

マニュアル化しておく

レディ

お店の方針を決める

今や飲食店だけでも日本で67万店舗あるというデータがあります。この中でも成功しているお店は、ほんの一握りと言われているので長く経営しようと考えているのなら、工夫しないと集客を望めないでしょう。ですから、経営方針を決める為に自身が経営している飲食店のマニュアルを作ることをおすすめします。マニュアル化することで、経営や従業員、売上管理などが行いやすくなります。どのようなことを決めるのかといえば、お店のコンセプト、従業員の教育制度、業務の流れになります。この3つを明確にしておくだけでも、飲食店の経営方針をブレさせずに長く愛されるお店にすることが可能になります。お店のコンセプトは、どういったお客さんに来てもらいたいのか、お店の雰囲気はどうするのか、メニューの提供や提案の仕方といった内容を明確化します。コンセプトを決めておけば、それを気に入ったお客さんがつくようになってリピーターを作ることができます。従業員の教育制度は、社員の教える力とアルバイトが理解する力を身に付けられるように決めます。これは、上司となる社員が飲食店の業務について知っておかないと、下につくアルバイトの人たちも理解できないからです。お店によっては、方針で上下関係なく仲良くというのを決めているところがありますが、そういったところは最終的に人間関係が崩れてしまって人員不足となってしまって経営困難になってしまうことがあります。ある程度は、上下関係を作っておくことは大事だといえるでしょう。業務の流れは、接客マナーや給与関係、身だしなみなどといったことを詳しく載せておきます。このようにマニュアルにしておけば、お店の方針がぶれてきた時に再認識する為に確認して、経営を立て直せるようになります。